学校・教育 総合展 (EDIX)

6月19日にEDIXの東京展にいってきた。初参加。学校展ということだけど、ICT関連だけで1/3くらいは出展企業があったので、やはり注目は高いと言える。

目立っていたのはMicrosoftGoogleの大手企業のブースだった。Microsoftは30人規模のミニステージの他に、5人程度のミニハンズオンが可能なエリアが4所ほどあり、様々なコンテンツの紹介をしていた。Googleは学校でつかうPC向けにCromebookを推していた。Cromebook、クラブをしている小学校にも働きかけてみようかな。

一方、小さいブースではロボットやミニデバイスをブロックプログラミングで制御するミニデバイス系やアンプラグド系、OSMOのようにリアルを混ぜたプログラミング系のメーカーが多かった。ただその3種類の中でユニークなものはあったかというと、気づいたものはなく、やや出尽くした感はあった。今後は残るもの残らないものに別れざるを得なくなるのではないか。

その中で、HeloPlateのような小さなデバイスは注目すべきかもしれない。様々なセンサーを制御し、データをコンピュータでまとめるというのは、小学校高学年なら授業の効率化にもなるし、プログラミングを意識せずとも使うことになるからである。もちろん使っていても楽しいし。また値段的にも安価であれば、子供が購入することも可能だし、親が買い与えるのも大変ではない。MicrosoftブースでTFabWorksの高松さんが、Micro:bitで取得したデータをクラウドに上げるTFabConnectを紹介していた。これは少し考えただけでも色々と応用例が思いつく、ワクワクさせてくれるインフラだ。

tfabworks.com

また高校生以上向けのようだが、Web系ソフトハウスが自社で作り使っている、確かWebアプリ向けのIDEを展示していた。今後プログラミング教育が増えていくと、それに合わせて開発環境も最適化される必要が出てくるのだろう。

次来るときは、学校の先生と来たいと強く感じた。

 

 

 

 

 

 

 

小学校コンピュータクラブ2019、7月

早くも今年度2回目のクラブだけど、3回目は9月なので夏休みの前の最終回である。

この日はまずパラパラアニメで猫さんを歩かせる例題を見せた。あんまり引っ張らずに、サクッと3ブロックで書いて見せ、ゆっくり動かす方法などを実演しながら説明した。これが良かったのか、各自でセーブした回ったり飛んでいったりしていた猫を、歩かせたり、走らせたりするように改造できていた。何人かの子は、猫以外のキャラクターのコスチュームを変えて踊らせたり、滑稽な仕草にさせたりできるようになっていた。

今年度のもう1つの柱である、年度末に発表レベルな作品を仕上げる、という視点でも、作品を継続して変化させられたのは進歩だと思う。

残り20分で私の例題を見せたところ、5人くらいの子が興味を持ってコードを見にやってきた。場面チェンジとムーンウォークが不思議だったみたい。イベントも使っているのですぐには理解できなかったと思うが、次回でブロック定義(Array)や背景を変えるのを説明する予定なので、理解するのにそれほど時間はかからないだろう。

今回は、前回セーブしたのを使えたこと、そして短くても効果のある説明でその日にやるべきことが示せたことで、子供達は好き勝手にやることからちょっと前進できたいのではないか。

https://scratch.mit.edu/projects/319951064/

 

f:id:mame_n:20190715062315p:plain

ムーンウォーク

 

とちぎRuby会議08

とちぎRuby会議08に参加してきた。

私の役目、場所取りなんだけど、ハーモニーホールになって3回目、ほんとに苦労しなくなった。以前も書いたと思うけど、有料施設のおかげで設備の利用も予約もクールにことが運んでくれる。以前、無料施設を使っていた頃は、明文化された規則の裏にある制約に四苦八苦した。例えば予約が入ってなくても使わせてくれないような、そんな感じだった。その苦労をコストとしてみんなで分かち合う形になっていることに、少なからず申し訳ない思いがあるので、実は密かに参加者への感謝の気持ちを忘れないようにしている。

招待者の送迎もスタッフとして大切な役目だが、@sumimさんを自車で送迎できたのが嬉しかった。自分の都合で駅に1時間ほど待たせるなど、無礼千万な行為をしてしまったにもかかわらず、車中ではプライベートなことも含め、色々なお話ししてくださった。会が終わった後、後泊組でスタバで過ごした時間、とても楽しくお話できた。

嬉しかったことといえば、Artonさんと角谷さんのスリーショットが撮れたこともその1つ。インスタにあげておいたけど、お二人の笑顔が素敵この上ない。私が真ん中に入っているのがもうほとんど犯罪的行為と言っても過言ではない。

www.instagram.com

インスタのコメントには5ショットと書いてあるが、それは後ろに写っている@track8と@you_sskを含めているから。ほんとに入って欲しかったんだけどね。

自分も五十三次の1人としてLTをした。Scratchで作ったLife gameの紹介で、まあネタにもならない話で、場は上がりもしなければ下りもしなかった。ここんとこ半端な発表ばかりしてきているけど、この日はしゃべりながら2006年オブラブのLTでの壇上からのシーンが突然、頭に浮かんできて、「これじゃいかん」と思い、勢い余って下のイベントのLTに申し込んでしまった。これは真剣に取り組まないといけない。がんばらねば。

uiux-thinking.kibe.la

会が終わってからのTweetやブログをつらつらみていた。咳愛に溢れている@june29のブログも面白かったのだが、それより当日はもう主役のような活躍で、ほんと素晴らしかった。一方で、ブログが「なんというか非常に練度の高い場所というイメージがあって、ちょっと怖いけど」で始まっている@sugamasaoは、発表では緊張されていたようだけど、本の執筆というものが練度を高めた状態で成せるもの、という感じが伝わってきた。

最後に、なんといっても@track8の井上陽水の「踊りませんか」の連呼には、繰り返すことの重要性を説いている、非常に内容の濃いメッセージであったことを付け加えたい。

 

 

小学校コンピュータクラブ2019、6月

小学校のコンピュータクラブ、2018年度最後の2月の会から4ヶ月、いよいよ、というかようやくというか、2019年度が始まった。予定していた日より1週ずれた6月24日に小学校に行ってきた。

今年度はがっつりとScratchをやる予定。何度も何度も年間スケジュールを練り、そこから初回の内容を何度も決め直して臨んだ。人数が昨年度の約6割、22名とのことで寂しくなるのかと思っていたのだが、子供達の元気さにそんな心配は瞬時に吹き飛んだ。22名だからこそなんだけど、疑問がうかんだ瞬間に私を呼ぶので、子供のモニターを見る時間が長くなってしまった。クラブの副担当で、昨年度に私が行ったプログラミング研修会に参加されたことのある先生のサポートがあったので、取り残されてしまう生徒が少なくて済んだけど、次回から生徒間で教え合うような対策が必要だと感じた。

Scratch初めての子がほとんどだったので、初回は猫を回して動かすことと、次回を見込んで背景変化までをやった。その「次回」は今日(7月8日)で、猫をパラパラアニメで歩かせて、背景を変えながら物語チックなことができることを実感してもらう予定だ。自分の分はできたが、あくまで例示だけ。真似してもいいし、自分で作ってもいい。でも物語に載せてほしいと思っている。

6月24日に自分が見せた例題。

https://scratch.mit.edu/projects/316895166/

7月8日に見せる予定のもの。

https://scratch.mit.edu/projects/319951064/

 

 

ラズパイ同好会56回は、光センサーカーの作戦を練った

ラズパイ同好会の56回目に参加。前半のニコ動で学ぶ電子回路は、Dフリップフロップの解説で、4つDFFを並べると4ビットのレジスタになるあたりは、なんだか早くもマイコンを作っているような気分になれた。4種類の状態が保持されるのは、普通の工作でも使えそうな予感がした。

後半はこれからやる工作の作戦を考えたのと、Cdsフィージビリティー。

制作着手しようとしているのはCdsを3つ搭載して、光に向かって走る模型カー。菅沼さんがフルハードで作成してきたことで、みな手に届く気分になれた。しかも菅沼さん、わずかな時間で作成されたとのことで、菅沼さんも実装者なんだと改めて実感した。

まずは菅沼さんのコピーを行い、それをベースに3つのCdsを入力に、モーター駆動を出力にラズパイで制御するよう改造していくことになった。久しぶりの工作になるので、とっても楽しみ。

参考にしたのは以下の動画。

www.nicovideo.jp

 

 

RaspberryPIの工作本を買った

本屋さんでRaspberryPIの工作系の本を見つけた。

PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック

PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック

 

 PICがなんなのかも知らずに買って帰ってきたものだから、まず「PICとは」から始めるという酷さ。でも読み進めるうちに、これまでのRaspberry同好会でやってきたものとは少し違う、アップグレード感があることに気づき始めた。

例えば作成事例として、同好会で作ったラジコンタンクに似たものが載っているが、PICでモータ制御を行うことでより細かい制御ができるようになっている。別の例のリモコンカメラでも、カメラの向きをコントロールするサーボモータ制御をPICに担わせている。

一方で、巻頭にRaspberryPIがLinuxベースのOSで駆動されていることがPICには無い特徴と書かれており、PICとRaspberryPIを接続することで、リアルタイムなアナログ制御とネットワークやブラウザが同時に使える、「高機能な電子工作を簡単に実現」できるとある。また「ラズパイを高機能な部品としてPICマイコンに接続して使うという発想で、いろいろな電子工作に挑戦してみたいと思います。」ともある。

なるほど。ということは、ここでいう「高機能」な部分に精通している人が多いラズパイ同好会の視点では、ラズパイにPICを接続することで、より緻密なデバイス制御が可能になる、と言えるわけだ。

この辺がアップグレード感につながってきたのだ。

じゃ、同好会でもアップグレードするか、というと、そこはPIC中心に書かれている本なので、極普通に基板をエッチングしたりしていて、そう簡単ではない。またこの高機能な部分では、WebIOPIや簡単なHTTPサーバーを立ち上げたりしている。なので、もしエッチング済みの基板と部品セットの販売があって、より様々なWebサービスを使うなどするとビンゴだったかもしれない。

しかし私には、興味あるがよく知らなかったことが満載になっているので、ワクワクしながらページをめくることができた。

 

RaspberryPIの工作本を買った

本屋さんでRaspberryPIの工作系の本を見つけた。

PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック

PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック

 

 PICがなんなのかも知らずに買って帰ってきたものだから、まず「PICとは」から始めるという酷さ。でも読み進めるうちに、これまでのRaspberry同好会でやってきたものとは少し違う、アップグレード感があることに気づき始めた。

例えば作成事例として、同好会で作ったラジコンタンクに似たものが載っているが、PICでモータ制御を行うことでより細かい制御ができるようになっている。別の例のリモコンカメラでも、カメラの向きをコントロールするサーボモータ制御をPICに担わせている。

一方で、巻頭にRaspberryPIがLinuxベースのOSで駆動されていることがPICには無い特徴と書かれており、PICとRaspberryPIを接続することで、リアルタイムなアナログ制御とネットワークやブラウザが同時に使える、「高機能な電子工作を簡単に実現」できるとある。また「ラズパイを高機能な部品としてPICマイコンに接続して使うという発想で、いろいろな電子工作に挑戦してみたいと思います。」ともある。

なるほど。ということは、ここでいう「高機能」な部分に精通している人が多いラズパイ同好会の視点では、ラズパイにPICを接続することで、より緻密なデバイス制御が可能になる、と言えるわけだ。

この辺がアップグレード感につながってきたのだ。

じゃ、同好会でもアップグレードするか、というと、そこはPIC中心に書かれている本なので、極普通に基板をエッチングしたりしていて、そう簡単ではない。またこの高機能な部分では、WebIOPIや簡単なHTTPサーバーを立ち上げたりしている。なので、もしエッチング済みの基板と部品セットの販売があって、より様々なWebサービスを使うなどするとビンゴだったかもしれない。

しかし私には、興味あるがよく知らなかったことが満載になっているので、ワクワクしながらページをめくることができた。